事務所ブログ

2020.05.25更新

 皆さんこんにちは、齊藤会計事務所の代表の齋藤です。

 

 明日、緊急事態宣言が解除されると謂います。自粛に自粛を重ねて漸く解除を勝ち取ったもののその先はどうしたらよいのでしょうか、俄かには思い浮かびません。これから待ち構える事態を思いうかべると、憂鬱になります。

 我々や日本は何処得行くのでしょうか。

投稿者: 齋藤会計事務所

2020.05.20更新

こんにちは。齋藤会計事務所で総務を担当しております陽子です。

 我家のゴールデンレトリーバーのMAY(♀)は今月で7才4か月になりました。

 今年の2月に子宮蓄膿症に罹ってしまい手術をしたりで体重が1キロほど落ちてしまったのですが、それもすっかり回復し元に戻りつつあります。

 今では食事の時間が来るのが待ちきれないようで、MAYの食事の用意をしていると、気配を察してすっ飛んできては、早く早くと急き立てられます。

 何でも好き嫌いなく食べるので、あまり良いことではないかもしれませんが、最近料理の支度をしながら、レタス・きゅうり・納豆・バナナ・大根等その時にあるものを少しずつ与えるようになってしまいました。

 しかし犬には絶対に与えてはいけない食べ物(ネギ類・チョコレート・ブドウ等)があるので気を付けなければいけません。pad

投稿者: 齋藤会計事務所

2020.05.18更新

 皆さんこんにちは、齊藤会計事務所の代表の齋藤です。

 

 約半年にもなるという、コロナ禍の渦の中にどっぷりと浸かって久しいですが、お元気でお過ごしでしょうか。ボーイスカウトの憲章に「備えよ、常に」と謂う標語があり、印象深く記憶しています。今は世界中コロ

ナ一色ですが、何せ日本列島は火山帯の上にあります。東日本大震災以来、列島は活動期に入っています。それこそ、いつ何時巨大地震や火山の噴火が何時あっても可笑しくない状態にあります。

 

 そんな不幸の上塗りのような事態は避けたいのは人情ですが自然はそれを斟酌しません。最悪を考えて行動すべき時です。「備えよ、常に」の精神で!

 

投稿者: 齋藤会計事務所

2020.05.11更新

 皆さんこんにちは、齊藤会計事務所の代表の齋藤です。

 

 国内のコロナ感染者は小康状態を保っていますが、政府の支援策は右往左往です。ピンポイントの施策が打てません。迅速性にも欠けます。この原因は何処にあるとお思いですか。嘗てマイナンバーカード制度と謂うものがありましたが、実際の取得率は2割程度です。これではコロナのピンポイントの支援策に使えません。

 最近、特定定額給付金の支給に使える位で根幹の支援策に使えません。抑も、プライバシー保護を盾にした議論に深みもなく大衆の議論に負けて本来の目的を果たさないままに地下に眠っています。

 今、また脚光を浴びようとしていますが、遅すぎます。中国では早期の封鎖解除を誇っていますが、それと引き換えに個人情報を政府に売り渡してしまいました。これからますます国家統制を強めていくことは確実です。

 こんな国家のもとに暮らさないためにその運用はきっちり民間サイドで監視する役割が必要です。EUに学ぶところ大デス。

投稿者: 齋藤会計事務所

2020.05.07更新

 皆さんこんにちは、齊藤会計事務所の代表の齋藤です。

 

 コロナと付き合うようになって5か月余りが過ぎました。テレビで世界の旅番組を見たりしていると2月ごろのパリなど何事もなくパリジェンヌがマスクもなしに颯爽と街なかを闊歩している。

世の中、急激に広がって感染の巷と化してしまったようだ。

 

 終息、再開といった言葉が世界の各地から聞かれるようになった。封じ込めの成功例は羨ましく聞かれるが、急激な封じ込めや過激な都市封鎖の上に多大な犠牲も強いての結果だとしたら選択の是非も問われよう。

 要は、国民の良心の許容範囲の問題も問われよう。

評価はこれからだ。

 

 

投稿者: 齋藤会計事務所

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

初回相談無料どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

  • お電話でのお問い合わせはこちらtop_img01.gif
  • メールでのお問い合わせはこちらお問い合わせフォーム
047-482-2345 受付時間9:00-18:00 土/日/祝も可能です(予約制) メールでのお問い合わせ